不動産取得税がゼロ円でした。


最近新築の戸建を購入したのですが、金額的なもので初めに印象に残っているのはサイトや広告にあった額面で約4,000万円でした。
この額なら買えそうだと思い、契約をして話が進んでいくうちに、住宅購入時にかかる諸費用ってすごいんだと思わされました。
登記費用、住宅ローン借り入れ費用、不動産取得税、仲介手数料など、数百万円にわたりました。
最終的に支払った総額を計算してみると、広告の額面で判断するのは非常に危険だと思いました。

契約から2か月ほどで入居し、荷物も片付いて落ち着いたころ、一通の封筒が自宅に届きました。
そう、不動産取得税でした。そういえばそんなの言われていたなと思いながら、数年前に中古住宅を購入したときに支払った不動産取得税のことを思い出しました。
あの時もあまり手持ちのお金が無い中でそれなりの金額を支払ったと思いますが、あまり記憶にありません。

ところが軽減措置の申請と支払いを兼ねて税務署に伺ったところ、なんとゼロ円だったのです。
後から聞いたのですが、土地や建物が通常の4LDKくらいの大きさのお家だったらゼロ円になることって珍しくないんですね。
お金が出っぱなしのこの時期にありがたい出来事でした。